〜 悪魔神官は遊んで生きたい 〜

遊戯王のお話メインです。たまに他のゲームの話とかしてみたい感じですね〜

ウマ娘のお話をするオタク

オタクなので長文を書きたくなりまして、「ウマ娘プリティーダービー」の件についてきっしょいお話をさせていただいと思っております。悪の組織Cygamesが提供するゲームでございますウマ娘、その術中にハマった哀れな消費者の一人として毎日ウマを育成しております。ウマに関するお話を幾らかさせていただきます。

f:id:Akumasinkan0914:20210803235351p:image

 

ウマ娘はえっちなのがダメ

これは有名なお話です。元が元なだけあり、元となった名馬達の名誉を傷つけるような表現を禁止する風潮があります。まあ全然納得いく理由ですし、それのおかげでウマ界隈は安寧が保たれているような雰囲気が出来ています。そらまあ「ダイワスカーレットの太股がデカすぎる」や「スーパークリークの円弧がデカすぎてスマホの容量がパンパンになる」など、公式の供給の中でも文句はいくらでもございますが、直接的な表現をみんな避けており、安全な雰囲気を保っていると思えます。

●お前はウマをえっちな目で見ていないのか?

見てるに決まってんだろシバキ回すぞ。あんなんをスケベな目で見るなというのはあまりにも度し難く、寧ろ失礼に値すると思っとるわい。頭の中でもう夜な夜なトレーナー君とルナちゃんがうまぴょいしとるわいい加減にしろ。ですが、他のと違うとすれば「スケベな目で見ているのは否めないが、それを実際形にされると「それは違うだろ」って気持ちになる」といった所です。他で例えるならレオン3世の出した聖像崇拝禁止令みたいなのっていえばいいんでしょうか?信仰は胸の内で、でも聖像を崇拝することは禁止するみたいな感じです。正直に言えば私はpixivで意味も無くえっちな絵を探している時にウマのsensitive pictureを発見したことはありますが、普通に不愉快な気分になりました。ここまできちんとしているともう今更エロ絵を描かれると酔狂に感じるようになるんですね。なんでウマちゃんとスケベしたいという気持ちは皆の胸の中にしまっておいて、今後も不注意を起こさないようしっかり生きていきたいと思います。

 

●愛馬はシンボリルドルフ

f:id:Akumasinkan0914:20210804003129p:image

ウマを始めるキッカケは「アグネスタキオンのモルカーになること」でしたが、URAファイナルズ初突破というのもあり、気付けば俺の愛馬と化していました。ちなみにルドルフの前にオグリも準決勝まで進んでおり、もしかすると愛馬はルドルフではなくオグリになっていたかもしれないので、結構運命です。

ルドルフは「伝説の三冠馬」ということもあり、ウマ界でも強者ポジとして立っているお方。唯一無二なる覇者として君臨する一方、生徒会長として学園全体の運営にも尽力し、未来のトップウマ娘達の飛躍を切望する高い志を掲げて日々邁進する格式高いウマ娘です。こんなカッチカチのルドルフですが、その格式高さから彼女の望む生徒達との和気藹々とした交流がうまくいかずに悩んでいたり、それを乗り越えるためにジョークを学び、嬉々として披露してエアグルーヴのコンディションを悪化させたりなど、見れば見るほど抜けているところが多く、そんなところを眺めながらニチャァ...としているわけなのでございます。あと私服が好き過ぎる。特に温泉イベントはくらやみのくもの波動砲の4000倍程度の破壊力はあるので、遭遇した場合はデジタルくんと一緒に衝撃に備えるようお願いします。

単にギャップ萌えというだけではありません。本懐はやはり「走り」にあります。URAファイナルズ決勝でようやくルドルフの脚質適性が差しだということに気付き、変えてみた時のあの差しっぷり。あんなん見せられたらそらもうお前しか見れなくなるだろってなりますよ。カッコよすぎましたね〜。直近のレオ杯も彼女にぶっ壊してもらう予定ですので、これからも共に頑張っていきます。

 

●他に刺さってるウマちゃん

f:id:Akumasinkan0914:20210804002620j:image

ゲロマブスキーとクリークママとフジ姉だよ。高等部の女に脳を支配されているんだ私は。より詳しく話せば「全てのウマちゃんが好き」なんですが、特筆するとルドルフと上の3人になりますね。走りもカッコイイですし。マルスキさんの固有演出めちゃめちゃカッコイイし、クリークの歩幅の大きいスパートとか、フジ姉は育成ストーリーがマジで熱くて、とにかくみんな素敵なところいっぱいあるのよね。おっぱいもデカいし。

声が低い女が性癖なので、ビワハヤヒデが居ないのが今の悩みです。あの人はおっぱいだけでなく頭もデカいので一石二鳥ですねこれは。早く来てくれ〜!声が低いという癖を貫くとオグリとタキオンも効くのが証明出来ますね、性癖がガバ過ぎる。個人的に「乳」が推す要因になる事は殆ど無いので、「好きになった女の乳がデカかったら嬉しいし小さくても嬉しい」「おっぱいという概念があるだけで感謝」というようなスタンスで生きております。ありがとう、おっぱい。

 

●未実装なのに効くウマちゃん

f:id:Akumasinkan0914:20210804012349j:image

左から、オタク、エイシンフラッシュ、ウドンハオカズヤァ、サクラチヨノオーです。アグネスデジタルはゴルシが唯一恐れるウマちゃん、オタクが嫌いなオタクはいないですよ。エイシンフラッシュはファル子の同室の時間厳守を貫くウマちゃん、人生の全てを管理して欲しいですね。タマモクロスはオグリのダチ公、ダミ声と関西弁が刺さりまくってます。サクラチヨノオーマルゼンスキーがパパの子、典型的なハワワ系が丸い。

f:id:Akumasinkan0914:20210804114304j:image

 未実装本命はファインモーションですね。前髪の白いピョァって所を毎日整えるだけの生き物になりたい、私は。サポートカードのスキルにスピードスターがあるので先行ウマちゃんなんでしょうね~。レースで走っている姿を目撃されていないのでまだ実装は遠いと思いますが、お待ちしていますよアタシ。

 

●ウマアニメは1期だけ見終わった

スペちゃんめちゃめちゃメインで頑張ってましたよ…。ルドルフはエクストラランでしか走ってなかったですけど。近いうち2期も見ます。多分2021年で1クール観たアニメ、ゆるキャン2期とウマ娘1期だけですね。ジョジョ6部の情報が近いうち出るとの事で、そっちも楽しみにしています。

 

●チャンピオンズミーティング

Cygamesの対人は悲しみと憎しみを産む、シャドバが教えてくれた事だ。まあ競い合うのが競馬ですし、対人は無きゃいかんとは思いますけども…。育成済みのウマちゃんを固定のレース環境で走らせて競わせるルールです。廃人連中とも戦わなきゃ行けねえんだよなあ!!!

 

★タウラス杯

記憶にございません。確かに開催はしていたと思いますが、本当に始めたばっかりでまともに参加した記憶が無いです。

ジェミニ

天皇賞春、恐怖の記憶が今でも蘇ります。高ステータス+多量のスタミナ回復を要求する恐怖のレースでした。スタミナカンストが基本だと考えていたのですが、そうすると「走り切れてもレースに勝てない」という結果が出て、最終的に辿り着いた策が「スピードカンストスタミナ回復スキル山盛りのスタミナ700タキオン」でしたね。ラウンド2最終日ラスト1戦前に完成させて飛び込んだ彼女がラウンド2でようやく1勝をもぎ取り、そのまま決勝Bを1位で飾るという奇跡的な終幕を迎えました。

f:id:Akumasinkan0914:20210804005354p:image

★キャンサー杯

安田記念、更なる地獄がここに。その時人類は気付いた、競馬は運ゲであり、それを模したウマ娘もまた運ゲである事を。散々ウンスゲーと言われていましたが、自分の体感では完全にエルコンドルパサーゲーでした。ウチもエルが7割、オグリが3割の戦績でした。結局最後までエルの意味不明な加速の理由は分かりませんでしたけども。ファル子やフジ姉、マルゼンスキー、ルドルフなど色々試しましたが、結果は決勝Aの3位でした。オグリとルドルフの差しがまともに動けなかったのが敗因でしょうか。これも差す時もあれば全く差せない日もあり、まさに運ゲでした。しかし初めて決勝Aに参戦出来たというのは重畳の収穫です。これを励みに益々邁進していきたいと思います。

f:id:Akumasinkan0914:20210804005941p:image

 

●次のレオ杯に関して

すげぇ雑に流したいんですけどダメですか?先日Twitterに挙げた通り、知らん時に芝と中距離がSになったルドルフを投げたら普通に1位を取ってきたので、残りの2枠をそこそこに考えながら因子厳選を優先してやっていきたいと思います。チャンピオンズミーティングも3回目ですし、今回こそルドルフに結果残してほしいな~!

f:id:Akumasinkan0914:20210804010302p:image

どの脚質が強いのかよく分かっていないんですが、多分多いだろうと想定しているグラスワンダーシンボリルドルフ「独占力」という終盤の速度現象の金デバフを使えるので、終盤前目のウマ達は何か策を講じる必要がありそうです。

スパートの開始がコーナーである事を確認しています。またセイウンスカイが適性あるのが納得いきませんが、今回は賢さだけじゃどうにもならんので逃げはキツイんじゃないかな〜とか勝手に思っています。

最終直線が坂なのもポイント。結構ちゃんと坂っぽいのでパワーが無いと最終直線で追い抜かれる事とか起きそうです。良バ場や芝Sでパワーの底上げ、もしくは登山家や十万バリキなどの上り坂スキルなどで対策をしておくといいと思います。

レオ杯はスピードは勿論スタミナとパワー両方きちんと上げないと厳しい戦いを強いられると思います。ウマ育成の基本のスピスタ、スピパワ育成で展望が見えると考えると少し楽かも知れないですが、とにかく適性Sがかなりデカイと思うので試行回数を重ねていこうと思います。

 

青3因子が来ない

来ません。これに関しては何回も繰り返すしかないんですが、本当に来ない。重賞取れるだけ取って、金スキルも取ってってやって最近ようやく白いっぱいみたいなのを見れるようにはなったのですが…。固有の強さからオグリで周回しているのですが、やっぱり青は化けないですね。青が壊れないとウマ育成が楽しくならないのでそろそろ壊れ因子来てくれないと困りますよ後藤さん…。

あと余談ですがスタミナ3URA1持ってるゴルシが気付いたらUFO探しにどっか行ってて泣いてました、頭が悪い。

 

 ●なんだかんだ長続きしてるわ

どこまで続くかわかりませんが、久しぶりに長続きしそうなゲームが現れましたね。最初は長続きしないと思っていましたがこれは予想外。前述の通り「思考と運とある程度の時間が必要な周回」が好きなので、やるだけやってみたいと思います。皆さんも良きトレーナー生活を送ってください。

葛飾北斎論 オタクが論文を書いたなら

オタクなので長文が書きたくなりまして、今回は論文パートです。前回書いた通り、私は大学のゼミで「葛飾北斎と応為」について調べる機会をいただいてまして、冗談は無しで真面目にかの父娘について研究しております。例のお栄でバチコリ抜きまくっているのは紛れもない事実ですが、これに関しては真剣にやっております。きっしょい話題では無いのです。

f:id:Akumasinkan0914:20210803140133j:plain

 

●例の論文

なんかWordをそのまま張り付けたりできないみたいなんですよね、はてなブログ。できればWord形式ので読んでほしかったんですよ、注釈とかもありますのでね。html形式で保存してみたりしたのですがなんだかうまくいかず、しゃーないので文章をそのままここにコピーしてぶん投げさせていただきやす、ご容赦。

累計13000文字前後のれっきとした長文なので、お時間ある時に読んでみてください。よろしくお願いします。

 

──────────────

北斎が過去と今に遺したもの」

自分は「葛飾北斎」に対して大きな関心がありながらも、恥ずかしい事に実際彼に対して持ち合わせていた知識はごく僅かなものだった。そこで「北斎以前に当時の作品区分や用語」「北斎の足跡」「後妻三女応為の足跡」を学ぶことに、この大学在籍期間の幾らかを費やすことを決めた。前回「葛飾北斎の足跡」と称して彼の生涯を振り返っていたので、今回は多少飛躍して、彼に関係していた事物について幾らか検索を加えてみようと思う。

 

Ep1 葛飾北斎の足跡

Ep2 版画浮世絵について

Ep3 葛飾応為の足跡

Ep4 現代における北斎作品の利用について

 

Ep1 葛飾北斎の足跡

葛飾北斎の足跡を学ぶ為に吉川弘文館出版永田生慈著『葛飾北斎』、東京美術出版で先と同じ永田生慈監修の『もっと知りたい葛飾北斎』の2冊を読んだ。前者は「世間一般に溢れた『風景版画家北斎』という一面的な印象を見直して、多岐にわたり変化を続けた90年の生涯を絵師以前含め7部に分けて紐解き理解する」ことを目指す物、後者は典型的な作品紹介冊子。同一学者の監修であるのが功を奏し、作品紹介区分が前者のものと一致していた為、前者の解説過程で代表として取り上げられた作品を、後者で確認するという流れを踏むことができ、必要な情報の取り込みが円滑に行えた。永田は北斎の時代区分を「絵師以前」「習作、春朗期」「宗理様式期」「読本挿絵と肉筆画の時代」「絵手本の時代」「錦絵の時代」「最晩年肉筆画の時代」と分けていたので、それに従い順を追って簡潔にまとめることにした。[1]そも現代における北斎研究というのは飯島虚心(1841~1901)が北斎と面識のあった人物達に実際に話を聞き、それらを基に書き上げた『葛飾北斎伝』の記述の是非を問う形が主に取られている。この制作法を取った一冊が軸に研究が進められているのは実に納得できる。

 

「絵師以前」[2](1760~1778)は殆ど足跡が残っていないのが事実。考えてみればそうだ。現代の、それこそ生きている人物の幼少期ならば話を聞くなどして情報を得ることが出来たとしても、幼少期から何かに属していた、或いは仕事をしていたなどの記録が無ければ解明に至るのは難しいのは間違いないかと。虚心の記述によると宝暦10年(1760)9月23日出生で、弘化元年(1844)の描き初め「大黒天図」の署名に自記している。出生地は下総国本所割下水とのことで、現在の東京都墨田区である。すみだ北斎美術館の存在もあり、出生については以前から存じ上げていた。家系は川村氏の子として生まれて、幕府御用鏡師で叔父にあたる中島伊勢の養子になり、後に川村氏の下に戻った。出生以降の記述も少なく、後年の『富嶽百景』『画本彩色通』の中で6歳から作画に興味を示していて、16~19歳には木版印刷の文字彫を生業にしていたことのみ記述されていた。

この時代については虚心の記述を覆す資料が発見されていない為、これらの説が定着している。ところで6歳での作画への興味というのは、浮世絵界の変遷と照らし合わせて考えると興味深い関係がある。近世初頭1650年代から、浮世絵界では「一枚絵」と呼ばれる版画が出版され始めていた。挿絵などとは違う文字通りの一枚の紙に擦られた絵を指す。最初は墨摺絵という白黒のものであったが、丹絵、紅絵、漆絵、紅摺絵と徐々に色彩を増やしていき、明和2年(1765)には「東錦絵」と呼ばれる多色摺の作品が鈴木春信(1725?~70)を中心に発展していった(ep2で補足)。この東錦絵の完成年と北斎が作画への関心を持ち始めた年が同じ1765年であるという物だそうだ。[3]木版印刷の生業も活性化していった出版業界の時流に乗ったものと考えることには大変感心した。

 

「習作、春朗期」[4](1779~1794)は北斎が安永7年で木版印刷の仕事を辞めた後の約15年を指す。一年間の修行の後に当時役者似顔絵で一世を風靡した勝川春章(1726~92)に入門した。翌年8月には「勝川春朗」の画名で3作の役者絵を発表した。師の春章が北斎に期待していたのは春朗という名が春章の「春」、別名の旭朗井の「朗」という双方己の名から与えられたものであることから推測でき、北斎の他に二名しかそのような扱いはされていない点もその推察を補強している。初期の5年余り(1779~1784)は師の模倣の域を超えることはなく、人物画などにぎこちなさが見えるようだが、黄表紙(洒落や風刺を交えた大人の読み物)、洒落本(主に遊び話を扱う読み物)、咄本(笑い話や小話をまとめた本)等意欲的な作域拡大を試みていることが分かる。その年の後半には画風の安定、美人画への挑戦、中には後年の挿絵本に共通する構図なども見られる。後半の5年間が春朗期で最も充実した年代と呼ばれる。作数の増加が顕著に見られ、春朗の作画と判別できるものも格段に増加しているようだ。子供絵、武者絵、名所絵、おもちゃ絵、宗教絵、相撲絵、風俗画、絵暦など当時存在した殆どのジャンルに手を出しては挑戦していたのが見られる。勝川派の中堅絵師としての知名度を築き上げたのはこの時代であると想像できるが、この時期の末に師の春章が他界してしまう。

この時代の中盤で幾度か、彼は貰い名の春朗を改め「群馬亭」の画名を使用、また春章没後の翌年の作品からは「叢春朗」を名乗るようになる。作風が勝川様式から飛んで新たな作風を見せているように見られる。この時実は勝川派最古参の兄弟子との不仲、或いは隠れて狩野派の画法を学んだ事を理由に勝川派を破門されていたというように言われている。勝川号を名乗らなくなったのもそのためであると見られ、作品の幾つかにも破門され云々の文言が見られるので現状は破門説が主流である。対して永田は春章没前から破門されていて且つ一時勝川派に復帰した説を挙げていて、こちらも考えうる説ではある。[5]ともあれこの時期は勝川派在中に手掛けた錦絵、黄表紙等は数を減らし、代わりに摺物、狂歌絵本類の今までにない分野に進出し、画風変化すら求めているようになっていった。

 

「宗理様式期」[6](1794~1804)は先の破門後の年の摺物「砧打図」の発表の翌年から約10年間を指し示す。「宗理」は俵屋を称する琳派の頭領が用いた画名であり、宗理を称した寛政7年の作品が出た頃には確実に勝川派を脱していたと言われる。浮世絵界隈での重鎮であった勝川派からの破門を受けたからか、この時期は浮世絵界から距離を置いていました。従って作品も摺物や狂歌絵本(五七五七七からなる短歌集に絵師が挿絵を入れた物)、肉筆画(版画に対して絵師が直接筆で描き上げた作品)などを多数寄稿、発表して高い評価を得ている。「北斎辰政」「画狂人北斎」などこの時期からいよいよ「北斎」の名が現れてくる。宗理派は北斎の代から大きな変容を遂げている。従来の光琳風の肉筆画と俳書への挿絵寄せなどが殆ど無くなり、代わりに肉筆画は美人画や風俗画が大半を占め、俳書への寄稿はすっかりなくなってしまったのである。上にあげた狂歌との繋がりが新たに開始されていった。延いては宗理様式を名乗りながらも以前までの様式を継承するのではなく、あくまで己の画風を貫いていたのであった。その点もあり、宗理派の紹介の内で北斎以降のものを宗理派として紹介しない文献も存在する。北斎が宗理を称した時期は3年と短い時期であるが、この間多数の摺物と狂歌挿絵を手掛けていた。対して錦絵は一点も見つからず、黄表紙も数点、いずれも無款(署名が無い作品)であるそうだ。無記名でも北斎のだと判断付く辺りに驚きなのですが…。十数点確認されている肉筆画は年代順など明らかではないが、烙印からこの時期の作品であるというものは見極められている。中でも「夜鷹図」は宗理時代だけでなく北斎美人画の代表的一作としても数えうるものであり、この3年間で目を見張る画力向上が認められている。

3年弱経過した寛政10年(1798)に宗理号を門人に譲渡して独立をして、宗理号返上の後に「北斎辰政」を名乗りあげた。辰政の名は彼が当時尊信していた妙見信仰の由来であり、のちの戴斗の名もこれが由来と言われている。独立後は狂歌絵本挿絵の数を減らし、代わりに読本挿絵の数を増やしていった。同12年(1800)北斎41歳にして初めて挿絵、戯作ともに本人が行った『竈将軍勘略之巻』が登場、享和2年(1802)には生涯単位でも傑作と呼べる狂歌絵本のいくつかも現れた。宗理期には描かなかった錦絵も再び描き始めたり、肉筆画のさらなる増加など、女性風俗を中心に数多くの作品を発表した時期であった。この辺りからは北斎の人物像や生活ぶりに注目している。彼に限らず浮世絵師全般に言える事に、職人としての彼らは記録されていても、それ以外については殆ど記録が残っていることが無いのが事実である。人物像については代表としてオランダのカピタンとの逸話と三囲稲荷開帳での大きな書初めの出来事の二つを挙げていたが、実生活についてはこの辺りではまだ多くは分からなかった。

 

「読本挿絵と肉筆画の時代」[7](1804~18)では文化年間で流行しはじめていた読本の挿絵への注力、また同じ時期に作数を増やした肉筆画の質と量の上昇が起きた時代の頃を指す。それ対して独立後に数を増やした絵暦、摺物、狂歌絵本はこの時期から数を減らしていく。1803年、北斎は種問わず作数を減少させていて、文化元年の正月に多くの作品が出版されている。作画が減ったのは翌年の準備であったと考えられている。その内容もまだ狂歌に関する作品が中心であり、まだ読本挿絵の仕事は少なかったが、後に「九々蜃北斎」の名を用いて様々な作家への挿絵の数を増やし始めていった。この時期の摺物に自分は注目したいと思う。他にも『東海道』に関した作品も数多く残している。歌川広重の『東海道五十三次』が有名だが、北斎は流行りに反した景観描写を寄稿している。『江ノ島図』の中には後年の代表作『神奈川沖浪裏』に通ずる構想が見られる為、読本挿絵と肉筆画の時代とはいえこの時期の摺物作品も見逃すことができない箇所であると自分は考えた。この時期は曲亭馬琴(1767~1848)との繋がりが非常に深く、両者の代表作にもなる『椿説弓張月』他計7作の読本に挿絵を寄稿している。私生活でも北斎と馬琴の交流は多くあったようで、文化8年末の絶縁までは親しくしていたとされている。肉筆画は「簡潔な表現」が多く見られ、淡彩ながらも時に力強く、時に情緒的に描いているのを確認できる。当時の肉筆画の中で『潮干狩図』は和漢洋の技法混成が見られる作品であり、同時代の他の作家と比べても技量で群を抜いている事を筆者は評価した。遠近の概念を絵で表現することの難しさは自分も存じ上げているので、潮干狩図は今見ても傑作だと頷くに容易い。平生では120畳大の大達磨を描く催しを成功、最初で最後の新居を手に入れるなど彩のある記録が幾らか存在している。馬琴との仕事柄の関係は殆ど断たれたが馬琴自身は北斎の技量を認めている様子も後の記述で判明している。

 

「絵手本の時代」[8](1812~1829)は文化9年から文政12年頃。先ず絵手本とは当時師から弟子に描き与えられる所謂教科書のようなものであり、普通は肉筆で描かれたものであった。ある時不特定多数の習画を目標とした版本が中国明清から流入して大きな刺激を与えることになった。その影響で国内でも絵手本の出版が頻繁に行われるようになり、鍬形蕙斎を中心に絵手本出版は大きく発展した。文化11年から北斎も本格的な絵手本『北斎漫画』の版行を行った。これについては「門人の増加に伴う毎度の肉筆指導の不便さの解決」「全国の私淑者への葛飾派の流布」「北斎挿絵の図案集」等の理由を多くの研究者は挙げているが、どれも削ぐ必要のない充分に納得のいく理由であるだろう。この北斎漫画は彼の作品の中で海外にも影響があった作品のひとつである。北斎漫画の一冊が海外に流れ、それに感銘を受けた持ち主が公表して当時の印象派画家達に空前の浮世絵ブームをもたらしたり、単に高い芸術性に感銘を受けたものもたくさんあると思う。自分も数頁だけ見たことがあるが、確かに多種多様な構図が目を引く興味深い作品であった。当初一篇限りの刊行だったが、あまりの好評ぶりに最終的には10篇以上の数に至っている。

生活についてはこの頃から記述が増えていて、関西旅行の他に『葛飾北斎尾張名古屋の生活』などでかなり細かく記載されていた。これは気になるので早いうちに読んでみたいものだ。家族間の関係の事も多くなり、前妻長女の離縁、孫の悪事の始末、中風を患うなど、年相応及び家庭間問題が散見できて、そして初めて「応為」の名前も登場している。[9]本誌は北斎中心の解説である為大きく触れることはなかったが、彼女も「評を行う程の技量をもっており」と書いている。自分は彼女について北斎と同等或いはそれ以上の興味があるので、後に検討を行いたいと思う(ep3で補足)。永田はここで鍬形蕙斎という同業者が行ったという北斎批判について語った。界隈では一般的に蕙斎が北斎を「真似事を何でも己が始めた」との発言をしたというように罷り通っているが、「浮世絵師は互いに刺激し受容し合いながら切磋琢磨する世界であり、同じ浮世絵師の鍬形蕙斎がそれを知らないはずがない」と結論付けて一蹴していた。

 

「錦絵の時代」[10](1829or30~1834)は天保元年或いはその前年文政13年から4~5年の間を指す。以前まで十数年単位で刻んでいたが今回はかなり短い区分である。しかし『富嶽三十六景』をはじめとした「世間一般の風景版画家」のイメージを形作った錦絵の数々がこの時代に制作されている。『富嶽三十六景』『諸国滝廻り』などの風景画、『牡丹に蝶』『桜花に鷹図』などの花鳥画がこの年代の北斎を代表するものとして挙げられている。風景画に関しては同業者の歌川広重の『東海道五十三次』と対比して優劣をつける所作が取られているようであるが、一方が純然な名所画であるのに対し、一方は名所ではなく景観描写であるとし、永田は二人がそもそも同じ土俵に居ないという点を挙げ、比較すること自体を否定している。北斎はこの時期から「特定の対象を一つの視点で見る」ことをしていなかった。富士山の絵だけでも6点、どれも異なる富士山を季節、気象、視点の違いによって描き分けている。題材を様々な角度から描く発想をこの時代で既に持ち合わせていたのだ。先に挙げた他にも『凱風快晴』『山下白雨』など、見れば嗚呼とうなりそうな見覚えのある物、『鯉魚図』『水辺の二羽の鴨』などの団扇絵(観賞用に使用されなかった物)を中心に総じて主に錦絵が盛んな時代であったと言える。この頃孫の放蕩の始末に追われる様子、金銭的困窮をうかがわせる書類が唯一見つかっている。華やかな絵画界での活躍に反して、50代以降は私生活で多く悩みを抱えていたようだ。

 

「最晩年肉筆画の時代」[11](1834~1849)は天保5年から没年嘉永2年を指す。当初に『富嶽百景』を出版、その巻末の自跋には絵師以前の際に挙げた6歳から写生をしていた事、73歳でようやく動植物を描けるようになった事、100歳まで生きれば神妙の域に達することが出来る事など、彼の絵に対する意識の一端が見て取れる。正直言って73でようやく動植物が描けるようになったというのは謙遜がすぎるとは思うが、おそらく見ている次元が既に違っていたのだろう。応為の逸話の中でも「80になっても猫一匹が描けないと涙を流している」という記述がある事から、少なくとも冗談ではないことが分かるのですが、いやはや勘弁して欲しいものだ。巷に広まる「浮世絵師」のイメージとは裏腹に、『富嶽百景』の制作後から北斎は錦絵の仕事をせず、木版画界とは絵本、絵手本のみの関係になり浮世絵の世界から遠のいている。実際には複数点の刊行予定があり、まだまだ描くという意識はあったようだが大体が未刊で終わっている。彼の肉筆画の時代は80以降が最盛ではあるが、79歳までの5年間でも『肉筆画帖』の中に10点の作品が確認できる。これの分類が絵手本になっているのだが、自分には一点物の作品にも出来ると思うほどの一品だと感じた。以降の北斎の作品は本格的に肉筆画中心の制作になっている。動植物、魚介、草花、故事成語、宗教などの題材が中心、本来浮世絵師が手掛けるはずの時様風俗の作品は殆ど姿を消している。いずれにしろこの時期にまでなると、墨の濃淡の使い分け、繊細さ重厚さなどどれをとっても前年代と明らかな違いを見せているのを、『雪中張飛図』『須佐之男命厄神退治之図』『弘法大師修法図』などの大作を挙げて説明できる。自分が気になったのは『画本彩色通』と呼ばれる北斎が最後に出した絵手本の事である。今まで修得したあらゆる技術を二編に渡って解説を試みた作品。二編で中断されてしまったこれの続きがないのに残念であるが、是非とも一読してみたいものだ。没年90歳の時も『雨中の虎図』『富士越竜図』などの着彩作品が何点も確認されている。私生活においては江戸から離れての潜居生活、齢80で初めて火災にあう、そして晩年の北斎の様子を記した書簡もある。87でも眼鏡をかけず背も曲がっていないという健康体の様子を示す物だ。彼は最期90歳にて病床に伏してという事だが倒れた時期はわかっておらず、老衰であることのみ伝えられている。死に際にも自らが絵師として完成しなかったことを嘆いていたというのだから感服である。

 

Ep2 版画浮世絵について

   このように生涯数数多の絵仕事に携わり、多くの作品を世に遺した彼だが、彼の名を当時に、そして後世に轟かせた「浮世絵」についても検索を行いたいと思う。浮世絵は広く「版画」と「肉筆画」の2つに分けられる。絵師以前の際に、摺り絵関連の変遷について少し触れていた。そこで良い機会なので今回は現代の絵画作品との制作過程に大きく違いのある、当時の木版画作品の完成までの工程をここに記しておきたい。本項を記述するにあたっては、NHKプロモーション出版『木版画の技と美―浮世絵今昔―』展寄贈誌内の岩崎均史寄稿の発言を中心に述べていこうと思う。

   浮世絵版画全盛期の江戸時代、それらは絵画というより一種の工芸品のような感覚で、人々に身近な物として親しまれていた。消費者が要求していたのも「絵師の絵画技術」だけではなく「印刷技巧を楽しむ」といった、現代ではあまり通用していないであろう楽しみ方もあったことも注目だ。これは現代で言うと「小さい子が飛び出す絵本」を欲しがる感覚に似通っているのかなと感じた。なぜ「印刷技巧を楽しむ」という事が起きたのか、その理由は「浮世絵版画完成に至るまでには絵師、彫師、摺師、版元、購買層の5者が関わっている」からである。小学校或いは中学校の頃、図工か美術の時間に版画を実際にやったことがある人も少なくないと思う。自分もその一人なのだが、その際には絵を描いて木を彫って紙に転写して完成させるまでを自分一人でやっていたのではないだろうか。それはあくまで図工美術の授業でのケースであり、江戸当時の浮世絵版画は先に述べた手前4者がそれぞれ描く人、彫る人、摺る人、出版して完成させる人とそれぞれの工程に従事して仕事を進めるのである。「絵師の絵画技術を楽しむ」人物は絵師を、「印刷技巧を楽しむ」人物は彫師、摺師をそれぞれ注目しているのではないか。そして言わずもがな北斎は絵師、彼の絵の技術の高さは間違いないが、肉筆を除く彼の作品は無論「一人では成しえなかった大作」なのである。これを置き去りにして北斎を、否浮世絵師の彼是を語るのは軽率ではないか自分は思った。それでは見てみよう。浮世絵版画完成までおおまかに以下の工程を踏む。

1 版元が購買層の要求を考え、依頼する絵師と絵の内容を決める

2 絵師が受けた発注の内容を基に版下絵を作成する

3 彫師は版木を入手して絵師の指示に従いながら版木を彫り、主版と色板を作る

4 摺師がその版木で見本摺りを作成、絵師と版元が校正し完成した物を納品する

時代や状況によってはこの通りに行かない物もあるが、基本的にはこの流れで進んでいくのが一般的となる。それぞれをもう少し深く彫り下げてみよう。[12]

1 端的に換言すれば仕事の依頼だ。無論商売である為儲ける事を中心に据えながら、検閲や制限などを考慮しつつ原案を練っていたようである。「版元から絵師へ」という基本が反転することもあった。絵師から版元にこういう絵が描きたいという依頼をするのだが、これは絵師の実績が無ければ版元が断るケースもある。ただし商売故に絵師が制作にかかる費用の負担をすれば、制作を良しとすることもあった様子。現代インターネットやSNSを見ると、この「依頼」の工程を業者や会社でするのではなく、一般消費者から絵師へ行く様子が見られる。FANBOXやskebなどを代表例として挙げておく。絵師と消費者の距離感がソーシャルメディアを通じて密接になったのだなあとしみじみと感じた。

2 版下絵とはつまるところ原画。これは次の工程で版木と一緒に削られるので、「浮世絵が残っている作品の版画はこの世に残らない」ことが確定する。もし現代に残っている版下絵があるなら、それはボツになったもの、繰り返しの校正で紙がすり減った為に描き直したか、あるいはラフスケッチであると考えてよい。基本的に費用削減で色板や技巧の制限を言い渡されることがあり、絵師の腕の見せ所である。

3 絵師の指示に従いながら上の絵を用いて版木を彫るのだが、彫師は自ら版木を仕入れている。この版木の材木に要求されるのは「耐水性」「綿密な木目」「堅牢」「不足無い大きさ」、古来より山桜の木(可能なら潮風を浴びている沿岸の物)が適当と見なされていた。彫り上げられた版木はある種資産のような扱いを受けていて、当時から転売が起きていたようだ。最初に最も重要な輪郭線部分を彫る。主版、地墨板と呼ばれるこれで一度絵を摺って絵師が校正、次に色充てが必要な箇所を指示して再び彫師が彫る。色板と呼ばれるこれを数枚彫って再び校正。そしてようやっと次の工程に移ることができる。

4 彫られた主版と色板を使い、最後に摺師が摺の作業を行う。指示の通りに摺ったものを見本摺りと呼び、絵師と版元がこれを再び吟味し校正、OKが出たら初版の必要枚数が摺り上げられて版元に納品され、いよいよ絵草子屋の店頭を賑わす作品の仲間入りをするのだ。「見当違い」という慣用句があるが、実は「版画を摺る位置にズレが生じてダメにした」時に使っていたという説がある。摺り位置合わせの指示の事を見当と呼んでいた。[13]

 

1枚の浮世絵版画の完成までに至る工程を書きだしたのだがどうだろう、ご覧の通りである。全て理解するまでは行かずとも、少なくとも一朝一夕で出来上がるようなものではないことは理解できたであろう。あの工程を考慮すると1作2~3週間で出来れば上出来なのではないかと思う。北斎程の技量があれば版下絵の作成速度を上げるのも勿論可能だとは思うが、いつでも調子良く構図が浮かぶなんて流石にありえないと思うので生涯で描き上げた作数約34000点というのはそれはもう益々わけがわからんとなるのだ。時を経て版画作品というのは日本絵画の歴史から身を引いていくのは今更否定しないものの、江戸時代の日本美術を支える役割は充分に担えていたと言えるだろう。

 

Ep3 後妻三女 葛飾応為の足跡

   絵手本の時代後半で話をした三女「葛飾応為」について、辛抱たまらないので記述させていただきたい。そういって私は意気揚々と調査し蔵書確認をしたのだが、父の北斎ですら曖昧な記述の多かったので薄々感づいてはいたのだが、彼女は益々情報が足らず、頭を抱えた。ですがその「わからない彼女のこと」を知りたかったからこそ彼らについて調べ始めたこの論文、自分なりのアプローチで彼女の人物像を迫っていきたいと思う。

   数少ない情報を整理しておこう。生没年は不明、初作は文化7年(1808)頃と推測されている。絵師の南沢等明の元に嫁いだが数年で離縁、先の最晩年肉筆画の時代には北斎の元に居た。北斎の制作援助をしつつ、彼女もまた美人画を代表に数々の作品を生み出した。彼女の描いた作品についてはよく『吉原格子先之図』が真っ先に挙げられる。光と影のコントラストの強さはどちらかというと西洋画と似るところがある。縦横約26と40cmのそれに細部まで描き込まれた女性の表情は秀逸なものであり、北斎美人画では応為には敵わんと言わしめた程。『月下砧打美人図』『三曲合奏図』など、挙げてみると他所と被りがちになるのは否めないが、これは現存する作品の少なさも一因と考えられる。北斎号の作品の中には、彼女の筆跡に酷似した作品が何点も確認されている為、代筆などは幾度行われていたのだろう。北斎没時(1849)に葬儀手続きの書簡を書いたのは応為本人であるのは間違いないが、それ以降の動向の多くが不明、仏道に帰依したなどいくつかの説があるが1856年に没したと考えられている。

   あまりにもの簡潔さに流石の私もたまげてしまった。これを補う手段として私は「現代作品における応為の扱い」を調べることにした。北斎研究を行う気の狂った研究家の連中は彼女を蔑ろにしていなかったのが幸い、故にこの方法に辿り着けた。今回は先ず『百日紅』と『Fate/GrandOrder』の二作品から応為成分と抽出してみようと思う。

 

   映画『百日紅』は、江戸風俗研究家の杉浦日向子の代表漫画作品を原恵一監督のもとで映画化した物。本来なら漫画から始めるべきとは思いましたが、定額動画配信サービスにあるというとっつきやすさから私は映画を先に視聴させていただいた。作中では度々応為の事を「お栄」と呼ぶ描写があるが、これは元名が「栄」であったという実録から来たものと考えられ、先程まで散々使った応為は所謂北斎と同じ「画名」であると言われている。一方お栄は北斎の事を幼名時太郎から改めた成名の「鉄蔵」と呼んでいる。映画は「あともう一筆で描き終える龍図に煙管の火種を落として駄目にする」シーンに始まり、写実的に描かないことを嫌う様子、男遊びが苦手な様子など、史実にある出来事を描いた描写がちりばめられている。先に挙げた南沢等明との離縁の件から考えていた「色沙汰に無頓着」という所感だけ、両国橋で同じ絵師の岩窪初五郎と対面した時の彼女の紅潮を見るに異なっていた。ただまあこの後色々あって完全に冷め切っていくので、作者は無頓着というより奥手と捉えたのだろう。「史実と持ち前の江戸風俗研究の知識を遺憾なく発揮し、お栄の目線から北斎や彼女だけでなく、江戸城下町の世界観を綿密に描き切った作品」と言えるだろう。

   DERiGHTWORKSの運営するスマートフォン向けアプリ『Fate/GrandOrder』においても、2018年元旦にフォーリナーのサーヴァントとして北斎及び応為が登場している。同時に公開された閑話を彼らの足跡を辿った上で読むことで、当初は何となく読んでいたそれに存外史実的な内容がきちんと組み込まれていることが分かった。ところでこの作品は過去を生きた偉人や伝説上の人物を英霊として扱い、彼らの力を借りながら歴史改変の修復をしたり地球の脅威を排除していくといった内容であるが、多く語れば本筋からどんどんそれてしまうので今回は割愛する。先のお栄は鉄蔵と呼んでいたが、こちらのお栄は北斎を「とと様」と呼ぶ。少々古いがそのまま父親を敬う呼び方のひとつであり、今でも使えないことも無い呼び方だ。閑話の中での登場時には120畳敷きの布袋尊書初めをしており、傍では版元の男が絵双六や宝船の絵などを売っていた。これは読本挿絵と肉筆画の時代の出来事のオマージュだろう。他に要約して取り上げてみると、金銭に無頓着、家移り癖、妙見信仰、版画の制作工程、死に際のアレ等。バトルエフェクトの中にも先に挙げた『凱風快晴』『富嶽三十六景』、他に岩松院天井の『八方睨み鳳凰図』が戦闘中に発現したりなどする。こう見るとベースがベースなだけあり、どちらかと言えば北斎の史実を中心に描かれており、「後妻三女応為の足跡」よりは「葛飾北斎の足跡」の段階における考証に向いた作品だった。本作品の北斎研究における存在意義を挙げるならば、FGOは今年8月に6周年を迎え且つ今年2月下旬には2300万DLを突破しており、幅広い層へ彼らの存在を至らしめる事になったと考えられる。そのことから「世間の北斎及び応為への関心の導入」としての役割はあったのではないかと思いました。

一筋縄ではいかないが、今の二作品だけでも捉え方に違いが見られる。長編小説の『眩』、今年5月に公開された映画の『Hokusai』など考証の余地はまだまだあるので是非ともこれらにも手を付けていき、彼女の人物像を描きだしたいと思う。

 

Ep4 現代における北斎作品の利用について

   先日菓子を求めて近場のスーパーに寄った際に興味深い物を見つけた。とある堅揚げのポテトチップスのパッケージに例の波と赤い富士が描かれていたのだ。なんとも卑怯な手段を使うものだと心中思いながらも、私はそれを買い物カゴの中に放り込んでいた。このような経験はないだろうか?無いにしても「何かの商品に北斎の絵が用いられている」様子を見かけたことならもしかしたらあるかもしれない。食品パッケージの他にも衣類やその他デザインなどに浮世絵がそのまま用いられることが度々ある。ここで気になったことがひとつ、「これらのものをことに何か許可承諾のやり取りなどは発生するのだろうか」と。早い話「著作権」の事である。金銭や名声獲得目的ではないので心配はないのだが、こういった論文やレポートなどの作成に際しても一度は考えてしまった著作権。「浮世絵に対して著作権はどのように機能しているのだろうか」と私は考え、文科省の記述を中心に調査を展開していった。

著作権とは「思想、感情を創作物で表した「著作物」に対して著作者が持ちうる権利」[14]のことで、その著作者の権利も「財産的権利」と「人権的権利」の二つに分けられる。詳しく話すには知識と時間があまりにも足らないので簡潔に述べさせていただく。現在でも著作権の問題は時々話題になっており、ニュースでも著作権法改正などで規制の範疇が変わっていたりしている。詳しくない私の曖昧な感覚では、「著作物を無断で使用してお金を稼いだりすることに問題がある」というように思っていたので、過去に絵師達が描いた浮世絵を用いてデザインを成した商品を販売して富を築くことに問題が無いのだろうかと考えたのだ。

   結論から述べると「浮世絵を利用しての商品開発及び販売」は全く問題にはならない。原則として著作権は「公表後もしくは死後70年間のみ機能する」[15]ので、1800年代に制作された浮世絵を用いて商品作成する行為は、既に現行の著作権を違反している事にはならないのである。浮世絵を商品デザインに使用することだけでなく、個人利用においても彼らの作品を使う事には問題ない。しかし留意点はあり、利用する画像が「自分以外が取った写真或いは自分以外の加工が入った画像であった」場合には問題が生じる。その写真や画像には浮世絵のものではなくその写真或いは画像に対して発生する著作権がある故、それを用いる事にはまたそれらの問題が起こるのだ。もうひとつ、先に話した著作権の二つの基本権利の後者「人権的権利」は、著作権が剥奪及び譲渡された後も著作者本人が保持出来るので、それらの作品を用いて作者の誹謗中傷につながるような発言をすることは本人の生死問わず禁止とされている。自分が町中で見かけた浮世絵パッケージの商品は危惧していた著作権に関しては問題なく、寧ろ「北斎や浮世絵、或いは絵画に一定の興味を持った人物の購買意欲上昇」策としては賢い戦術と言えるだろう。そして最後には「私がその術中にはまった哀れな消費者の一人だった」という事実だけが残ったのだった。

 

終わりに

   今回は北斎にまつわるその他の事象に関して知識を蓄えることができた。こう調べていくうちに北斎のものに限らず様々な浮世絵が目に付くようになっていて、感性の変化を感じている。でも知りたいのはやはり北斎でありお栄であるので、軸はずらさずに且つ浮世絵という絵画作品への関心も蔑ろにしないよううまく付き合っていきたい。北斎作品への知識、応為の足跡、知識の甘い著作権の知識の拡充などを中心にこの先も検索を続けていきたいと思う。

 

 

永田生慈【2000】『葛飾北斎吉川弘文館

永田生慈【2005】『もっと知りたい葛飾北斎東京美術

岩崎均史【1999】『木版画の技と美―浮世絵今昔―』NHKプロモーション

杉浦日奈子【1983~1987】『百日紅漫画サンデー

原恵一【2015】『百日紅Production I.G

奈須きのこ他【2015~】『Fate/GrandOrder』DERiGHTWORKS

文科省【1970】『新著作権法1886年の旧著作権法と区別 最近改定令和2年(2020)6月

著作権法 | 国内法令 | 著作権データベース | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

著作権法確認易化の為に上記ページ使用

 

[1] 永田生慈葛飾北斎』3~7頁

[2] 永田生慈 同著8~17頁

[3] 永田生慈 同著14頁

[4] 永田生慈 同著18~29頁

[5] 永田生慈 同著28~29頁

[6] 永田生慈 同著32~80頁

[7] 永田生慈 同著82~127頁

[8] 永田生慈 同著130~166頁

[9] 永田生慈 同著165頁

[10] 永田生慈 同著168~186頁

[11] 永田生慈 同著188~221頁

[12] 岩崎均史木版画の技と美―浮世絵今昔―』6~7頁

[13] 岩崎均史 同著7~8頁

[14] 著作権 第1章第1節第1条「通則」より解釈

[15] 著作権 第2章第4節第51条「保留期間の原則」より解釈

──────────────

f:id:Akumasinkan0914:20210803144559p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144631p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144615p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144643p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144658p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144716p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144733p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144822p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144837p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144853p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144903p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144917p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144931p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803144945p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803145006p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803145021p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803145035p:plain

f:id:Akumasinkan0914:20210803145051p:plain

長文失礼しました。いやはや意外意外、注釈がちゃんと仕事してくれているではありませんか。文章自体は画像抜きで通るように作ったので、今回もテンポロスを避けるために画像は最後に全て添付させていただきました。見て欲しいのは文章の方なんで多く語ることはありません、文章を読んでみてください。

 

●本当にネタ抜きのマジモンです

 これに関しては冗談抜きでやっているので、質問とかあったらしてほしいぐらいです。おかげさまで半年で「葛飾北斎」に関して素人よりは知識を蓄えている程度にはレベルを上げられていたと思います。まだまだ不備だらけではありますが、もう1年弱ある期間のうちにもっとうまく文章を構築できればいいかなと思います。また年末ぐらいにでも更新するつもりです、よろしくお願いします。

あとこの夏に北斎関係の展覧会が二件、六本木と墨田で行われるのでそれに参加して実物をこの目で見てこようと思います。楽しみですね^^

長文が書きたくなったので…(リアル編)

オタクなので長文が書きたくなりました。不要な近況報告なんかを、めちゃめちゃどうでもいい話題も含めて書き連ねていきたいなと思います。きっしょい話題もあると思うのですがそこは上手いこと流してください。

f:id:Akumasinkan0914:20210803003335j:image

この回は現実世界の私(yukiharu)の方のお話です。ゲームやら遊びの方の話はまた別のところでお話します、あしからず。

 

 

●自分の今の状態

誠に残念ながら命に別状はありません。こんな状況ですが何故か知らんがピンピンしております。病気してません。毎年季節の変わり目に必ず体調崩していたんですが、昨今の状況下における体調不良があまりにもディスアドバンテージなので、体調管理をかなり気にして生活していた結果、体調を崩す事無く夏季に突入出来ました。多分10年ぶりぐらい。

外出が訝しまれる御時世、引きこもり大好きな陰キャオタクのアテクシは環境ぶっ刺さりで実は本当に生活に苦労をしていないんですよ。皆さんはどうなんでしょうか?でも自分も全く外出してないかと問われるとそういう訳でもなくて、大学は基本対面授業で進行してますし、講義終わりに友人とラーメンや焼肉をつついたりもしました。オタクなのでFGOアーケードだってやったりしました。8月も都心に2度程お出掛けする予定も立てております(後で話すよ)。コロナコロナと騒がれていますが、大人数での行動を極力避け、それなりの対策を施し、大事が無ければ籠るというムーブをかませばご覧の通り全くダメージなんて受けないのです。あまり突っ込んで面倒な繋がりを作るのもあれなので強い言葉を使うのは避けますが、各々注意して生活してくださいね。

アルバイトしながら生きてます。私がメインに入っているディナータイムには、上に頼れる先輩が2人程いたんですが、気が付いたらいなくなってました。どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。気づけばディナーのナンバー2に。やめてくれ。

 

●大学生活

単位落ちてるよ。確認してないけど理論上一つ落としてます。今更足掻くなんてみっともないので大人しく受け入れます。教科書を初手で買わんかったワイが悪い。でも同じく理論上どう足掻いても3年には進級することにはなっているのであまり気にしないでください。単位一つ落とした程度で折れる精神力じゃ前の2年の乱数調整なんて頓挫してるに決まってましょうよ。

お友達います。こんなんと付き合い持ってくれるなんてありがたいことです。所持金が常に危機的状況な故にご飯の誘いを頻繁には受けられないのが申し訳ないところです。キャンパスが変わる前にもう何度かご飯ご一緒させてもらいたいですね、よろしくお願いします。

ゼミではTwitterでもがなり立ててるように「葛飾北斎と応為」についての知識拡充を図っています。私のゼミは他のゼミと比べても異質なもので、「完全個人作業」「自身の調べたい物事を調べる」というスタンスで進むものです。元々経済学にあまり興味が無かった私には勧誘資料を読んだ時点でとても魅力的に感じました。自分の他には「古代ローマ滅亡の起因」「幼女戦記論」「関東公方足利家の野心」など、自分のなんか鼻で笑われるような力作が幾つも登場しております。別回で北斎論のページも作るので、気になる方はそちらも見てみてください。

卒業後の展望なんてもの見えてません。そも埼玉から脱出するか否かも分かりません。確固たる意思があるとしたら、公務員にだけはなりたくない事、東京には絶対住みたくない事、これらだけは心の底に誓ってます。

 

●細々した話題

つい最近幼稚園の頃から親しくしていたお友達のクロタくん(Twitterネーム)が静岡にお引越ししていきました。今夏中に遊びにいきます。同級生且つ幼なじみが地元を離れて一人暮らしを始めたという事実に、なんだか感慨深いものを感じるようになりました。Twitter見る感じようやく人間らしい生活が出来るようになったみたいで安心してます。ネット上の繋がりで色々助けられている様子が見れます。電子の繋がりもやはり侮れませんね。身体には気を付けて頑張って欲しいです。

右手中指腹面に尋常性疣贅またまた出現しました。本当にいい加減にしてほしい。例の液体窒素で焼き殺すヤツです、イボ。信じられない程痛いのでマジで嫌なのですが…。長年の付き合いで「コイツは自然治癒が見込めないタイプ」というのが分かってしまっているのですよね。今行けば恐らく1~2ヶ月で仕留められるのも同時に分かるんですが、現在夏休み期間ということでバイトを空けられないんですわコレが。想定外の弊害です。9月に入ったらマネージャーに渋々お願いしてこようと思います。てか普通に痛いから萎えるんだよね。週一で半年指に火傷し続けた高校1年の秋冬、多分マジで精神的にしんどかっただろうな〜。

コミケが無い事実がジワジワ効いてきてます。隠すのダルいので直球投げます。新しいエロ本が無いんだよ新しいエロ本が。コロナのせいで同人業界が滅亡寸前まで来てるんですよ。この話題出すと流石に文句が出てしまうんですが、ただでさえ他者の目線に晒されるのを恐れるオタク達が感染対策を怠るとはあまり思えないんですよね。人数の事考えるとやっぱしNO出るんでしょうけど流石に経済蔑ろにし過ぎではないでしょうかねえと思ってしまうんですよね。先日今年の年末のコミケの参加案内来ましたけどどうなるんでしょうか?開催されるなら率先してエロ本買いに行きますよ。開催されないにしても委託販売の方の力もどんどん強くしてオタク達に新たな力を届けて欲しいです。頑張ってくれオタク…。私はエロ本が欲しい。

 

●神官のゲーム論

私は家でゲームばっかしてます。自分でも不思議に思う程ゲームをしています。なんと幸せなことか、自分はまだ「疲れてゲームを長時間出来ない」身体になっていないのですが、代わりに「長い時間を取れないので時間をかけて遊ぶゲームを遊べない」という事実に直面しています。FGOのストーリーなんかまさにそれです。まだ6章終わってません。ちょこちょこ進めてはいるんですけどね。

ハマるゲームの傾向

前から気になっていたのですが、自分は「1周に思考を要求したり時間を必要とする周回ゲー」にエラくハマるきらいがあると感じています。まず幼少期のグランツーリスモ2」に始まります。あのゲームも確か周回ゲーだった気がします。今のグランツーリスモはレース出場する車を決めて、後はオートで成り行きを見守る所謂「オーナーの立場」でいることがメインに感じますが、昔は自分で車を運転するのが主流のゲームでした。かすかに記憶にある「グランツーリスモ3」は初めて観戦側に立つシステムが導入されていたような気がしますが、3はあまりハマりませんでしたね。人生で初めて遊んだゲームは「ドラゴンクエストⅧ」ですが、ドラクエは別に周回ゲーではないですね。

ドラクエⅨ」は例外ですが。ドラクエⅨも自分がクソ程ハマっていたゲームの代表です。川崎ロッカー、まさゆきを完備していて、周回する環境は整っていたんですな。前記のグランツーリスモと違い、こちらはDSソフトという事で自分の内なる周回癖が開花したのは間違いなくここだと思っています。次の「ポケモンブラック」に移る直前にはとうとう種集めなど始める奇行にまで至っております。

ポケモンブラック」では初めて「孵化厳選」というゲーム界屈指たる周回行為に手を出すことになります。中学校の中でポケモンがそこそこ繁盛しており、その中に先に挙げた幼馴染のクロタくんがやたらと強いポケモンを育成していて、全く勝てなかったので一体何をしているのか尋ねたのが始まりでした。記憶に新しいシールドの時のように厳選環境がきちんと整っていたわけでもないので、模倣の域を超えることはありませんでしたが、死ぬほどタマゴを抱えてはチャリをぶっ飛ばしての繰り返し。そんな単純作業がやっぱ楽しかったんですよね~。その後継作のブラック2もやったんですが、あっちはストーリーしっかりやった後は教え技教えたり準伝説を厳選した後ブラックに全部持って行ってました。

バイオハザードリベレーションズ」も欠かすことのできない話題だ。キャンペーンの洋画風に進んでいくお話も面白かったんですが、なによりバチハマりしたのがおまけのレイドモードです。これ実は中学上がる手前ぐらいに当時ではまだ目新しい3DSソフトとして登場したゲームなんですが、それを見て「なんやこれめちゃくちゃ面白そう!」って横から見てて思ってたものなんですよ。実際3DSを手に入れるのは5年後の話なんですが、リベレーションズは様々過ぎるぐらいのプラットフォーム整備がされていて、PS345、Xboxの大体、3DSWiiU、Steam、延いてはSwitchと...。名作とよく歌われるバイオ4より広いというとんでもゲームなんですよね。事実3DS出身のゲームにしてはやり込み要素があまりにも充実しており、まあ詳しく話せばオタクになってしまうのでここでやめますが、周回が必要なゲームなのです。中学2~3年の殆どをこれに費やしていましたね。この時はまさか5年後に同じゲームの周回をしているだなんて思ってはいなかったでしょうねえ...。

「MineCraft」も立派な周回ゲーと言っても過言ではないのではないでしょうか。やる事は基本的に同じ作業です。物を集めては作る、集めたは作るの繰り返し。そういう意味ではマイクラも十分周回ゲーと位置付けられると思います。中1にDemo版を無限に遊びまして、大学に入りようやく自前のPCを得ることで本格参入したといった感じです。建築より収集や洞窟探索が得意な感じです。マルチワールドに参加してちょいちょい顔を出しているのが現状です。

この傾向から考えると高速周回が求められるFate/GrandOrder」は例外的ですね。大学のゼミ研究の方向性決めたり、間違いなく生き方に影響を与えている作品なんですよねコレ。最近は「長時間が取れない」理由であまり積極的に触れていませんが、間違いなく大事なゲームです。遊戯王OCG」は見方次第では周回とも言えると思います。40~60枚のカードを積めて混ぜて何度も対人を行うわけですからね。

かなり後発的ながら参加したモンスターハンターは間違いなく自分の為に出来たゲームではないだろうか。数多の試行回数と思考を要求され、多大な時間も消費する。是非とも「受験期」に勧めないでほしかった作品ですね。

今のブームはどうしてもウマ娘プリティーダービーになるでしょう。Twitter見ればわかるでしょ誰でも。あれもれっきとした周回ゲーです。どのトレーニングを押すか、どれだけ得意なトレーニングにサポートカードが集まるか、強いサポカや新しいウマが引けるか等々。思考や運の他、そこそこの時間が必要なのもミソですね。一応オタクとして生きているのでキャラビジュアルも好きな物沢山いますしね。私はシンボリルドルフが好きだよみたいな話は別回でしようと思います。

他にちょこちょこ触ってたもの

ドラクエシリーズは6と9と少年ヤンガス不思議のダンジョンとジョーカー(友達の弟の奴を借りたまま)2を完走、5と8(細かい意味で)と11とトルネコの大冒険3を未完走で終えています。あと10もあんまり型にハマりませんでした。オンラインゲームはやっぱ時間いっぱいある時にやりたいな~。類似した「FF」シリーズはⅢとⅫとその外伝のレヴァナントウィング(稀代の酷評ゲー)を遊んでます。PCの性能が向上したら14でぜひオンラインゲーム復帰したいものです。ヤンガスリメイク、死ぬまで諦めないからな...。

桃鉄」は家族が好きで幾らか家にありました。家族3人は楽しそうにやるんですが、実は自分は桃鉄が大して好きではなく、周りが自分のリアクションを求めるからしゃーなしでやっていた感はありました。なんというか「やりたいな」と思うタイミングで始めてくれないんですよ。こう「スイカの気分じゃない時にどでかいスイカを買ってくるお父さん」みたいな、そんな感じです。

「艦これ」もやってました、割と本気で。浜風が好きです。指輪まで渡しました。DMMアカウントのダブルタスクを行っていたのをとがめられるのを恐れて、泣く泣くアカウントを手放してから触れていませんね。それがなかったら今も続いていたと思います。

唯一やっていたオンラインゲームに「DragonNest」があります。ハンゲの奴です。昔は面白かったんですけどね~...。なんか課金勢との露骨な壁を感じてからスッと離れていきました。何も知らない方が幸せだったかもしれない。

星のカービィシリーズもとても好きでした。カービィちゃんめちゃくちゃかわいいですよね。なんだねあのフォルム。あんなにかあいい生き物他には知りません。スマブラでもカービィ以外まともに使えませんもの。ちなみにスマブラはSPが初めて手にしたスマブラですが、小学校の頃、学校が終わるや否や友達の家に直行してスマブラXを起動して、その場回避や溜め攻撃等所謂「一段階上位の操作」を教えて貰っており、貴方の周りにも一人ぐらいいるであろう「スマブラ持ってないのになんか強い人」になっていました。中学の部活メンバーの集まり、高校のよく集まるメンバーでやる大乱闘でもそこそこ強い奴ポジションを維持できていたと思います。

 

 

●なあんだ!ゲームの話ばっかり!

近況で大して面白いことなかったんで許してください。でもこれよこれ、こういう自分の書きたいように文字を羅列するこの感じ。こんなテンションで北斎の論文も書いていましたよ。論文は多分次回になると思います。すぐ書くんで待っててな。

〆とかないですよ。暇なら次回のも見てください。

《遊戯王》~レッドデーモン強化指南~ 手渡されたのは桁違いの「力」 今後の構築で求められる物

悪魔神官です。

改めましてKONAMIさん。

レッドデーモン強化ありがとうございました。

今までにない「力」を頂いたという実感を実際に新規を使用して強く認識しました。

勿論今までのアビス等での制圧が不満であったなど言うつもりはありません。それでもやはり他のデッキと比べて何かいまひとつ足りない物を感じていたのは事実でしたので、力強い新規を貰った事を今もとても嬉しく思います。重ね重ねありがとうございます。

f:id:Akumasinkan0914:20200302000636j:image

 

 

~こんな新規を貰った~

新規を貰って2ヶ月が過ぎそうになってきましたが、有識者の方々は言うまでもなく、そうでもない決闘者諸君も流石にもう効果等はご存知だと思います。自分もある程度どれがどんなスペックか把握し始めたので、12月から来た合計5枚のカードの効果をざっくりと、そしてそれらの使用感などをさっと書き込んでいきたいと思います。

 

────────────

スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン

f:id:Akumasinkan0914:20200302002935j:image

闇 ドラゴン シンクロ 星12 A4000 D3000

チューナー3体+非チューナーのSモンスター1体以上

このカードはS召喚でのみEXデッキから特殊召喚出来る このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする フィールドのこのカードは相手の効果で破壊されない 相手の効果発動時or攻撃宣言時に発動出来る このカードと相手の場のカード全てを除外する自分の③の効果で除外された場合発動する 次の自分のエンドフェイズ時にこのカードを特殊召喚する

────────────

2019年12月21日発売LEGENDARY GOLD BOXにて収録されたシンクロモンスター。彼自体については以前幾らか考えを記述したので一点一点についての細かい説明は省略します。

個人的使用感としては「以前のレッドデーモン関連のカード性能と比べても圧倒的に破格 召喚条件に見合う及びそれ以上のカード」であるとは思いましたね。

単騎が戦闘と制圧どちらもこなすという点ではアビスと同じですが、戦闘能力制圧力どちらもあちらを大きく上回っています。スカーレッドノヴァ同様の攻撃上昇効果による強靭な打点は並のモンスターでは突破は難しい。攻撃かモンスター効果発動で反応する全除外効果はアビスと違って無効化はしないものの、相手盤面のリソースを根こそぎ消し去る。攻撃面制圧面双方において以前の最終盤面よりも格段に強化されたと考え良いはずです。

加えて言えば後ほど記述する新規リゾネーターのおかげにより、意外にも出しやすさの点でもこちらが上手です。

勿論弱点が無いなど言いません。今後の軸になるエース故に弱点の見極めも重要ですので、今後の新規の効果確認は怠らないように。

とはいえ非常に強力なエースカードを手に入れていよいよテーマとして形を成して来たと感じます。

f:id:Akumasinkan0914:20200302160619j:image

単騎エースはキングの矜恃!故に単騎!これから末永くよろしくお願いします!

 

────────────

クリムゾン・リゾネーター

f:id:Akumasinkan0914:20200302160931j:image

闇 悪魔 チューナー 星2 A800 D300

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか発動出来ずこのカードの効果を発動するターンは自分は闇属性ドラゴン族SモンスターしかEXデッキから特殊召喚出来ない 自分フィールドにモンスターが存在しない場合発動出来る 手札からこのカードを特殊召喚する このカード以外の自分フィールドのモンスターが闇属性ドラゴン族Sモンスター1体のみの場合発動出来る 手札とデッキから「クリムゾン・リゾネーター」以外の「リゾネーター」モンスターを2体まで特殊召喚する

────────────

2020年1月11日発売ETERNITY CODEにて収録されたリゾネーター。また小さくて可愛らしい見た目をしてますね。リゾネーターはこうでなくては。ただその効果は今までのリゾネーターの中でも群を抜いて強靭、先輩のレッドリゾネーターくんもたまげる斬新な展開効果を引っさげてやって来ました。

特定条件下で手札かデッキから同盟以外のリゾネーターモンスターを2体まで展開するもの。ついにリゾネーターもデッキを触って場に広げる事ができるようになりました。偉いぞ。

使用感としては「自身の特殊召喚効果による非チューナーの選択権の獲得が非常に大きい」と感じました。

この子と自由なレベル4モンスターとで上記の「スカーレッドスーパーノヴァドラゴン」にアクセス可能です。

以前はレッドリゾネーターと黒き森のウィッチや終末の騎士等の追加カードでのサポートを含めてアビスに向かう為、非チューナーの選択肢が限られていました。クリムゾンの登場により、追加サポートが不要になったので、誘発を受けても妨害札になるカグヤ、後続を確保が出来るキャンディナやチェイム、追加攻撃を狙えるロゼなど様々なカードを選べるようになったのは間違いなく安定性を大きく向上させています。

SS効果の時点で目的地以外の寄り道が出来なくなるのは苦しみもありますが、よく言えば悪用されないので相当なことがない限り規制されないという保証のように捉えてます。横展開は悪用されがちなのでこの制約はまあ妥当ではないでしょうか?

f:id:Akumasinkan0914:20200302164045j:image

こちらもスーパーノヴァ同様長いことお世話になると思うので大事に使用していきます!

ちなみになんですけど彼が登場してもレッドリゾネーターとは差別化出来てあちらのバリューが落ちてないのが個人的にとても嬉しいです!

 

────────────

スカーレッド・ファミリア

f:id:Akumasinkan0914:20200302164524j:image

闇 悪魔 効果 星4 A1600 D0

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに一度しか発動出来ない 自分フィールドの悪魔族モンスター1体をリリースし、自分の墓地の闇属性ドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動出来る そのモンスターを特殊召喚する この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される 墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの闇属性ドラゴン族Sモンスター1体を対象とし、1~8までの任意のレベルを宣言して発動出来る そのモンスターはターン終了時まで宣言したレベルになる

────────────

f:id:Akumasinkan0914:20200308174946j:image

「紅蓮の悪魔の仕業でございます」 間違いねえ

同じくETERNITY CODEに収録。スカーレッドノヴァ系統の強化という事で例のコイツもカード化しました。

自身をリリースしてレッドデーモン系Sモンスターの蘇生除外でのレベル調整でのシンクロサポートと一見器用に見えますね。

彼の評価なんですが実際は「ガバも目立ち、単体で機能しにくい 特別な理由が無いなら採用しにくい」という厳しめなものになりました。

以前のレッドデーモンでは墓地効果や直接レッドデーモン達に関係している効果が少なかったので、もう1~2年早く来ていたら採用の余地は大いにあったと思います。しかし「クリムゾンリゾネーターと適当なレベル4モンスターでスーパーノヴァまで完結する為、そのレベル4モンスターで追加のアドバンテージを稼ぐ猶予が出来た」現在では②の墓地効果の使用タイミングが少なくて、①の蘇生効果も蘇生先の効果か無効されてしまっては制圧に貢献出来ないので、総じて他の物より劣って見えてしまいました。

f:id:Akumasinkan0914:20200308181844j:image

勿論自身ns①スーパーノヴァ蘇生、②レベル8に調整してシンクローンssでアビスのSsのような動きが取れるなど真っ当なレッドデーモン用リカバリーサポートの1枚ではあります。今後の新規によっては採用も有り得るかもしれません。今後に期待しましょう!

 

────────────

コマンド・リゾネーター

f:id:Akumasinkan0914:20200308182158j:image

このカード名のカードは1ターンに一度しか発動出来ない 手札から「リゾネーター」モンスター1体を捨てて発動出来る デッキからレベル4以下の悪魔族モンスター1体を手札に加える

────────────

同じくETERNITY CODEに収録。マッドデーモン、バイスバーサーカー、血涙のオーガという錚々たるメンバーの映るこちらのカード。手札のリゾネーターをコストに低レベルの悪魔族をサーチ出来ます。

こちらの使用感ですが、「シンクロデッキ特有のチューナーまみれという事故を解決出来る 速攻魔法である為事故解決以外の使用法もあるなど強力なカードと思える」といった感じです。

ついにリゾネーター関連で展開札を握り掴む事が出来るようになりました。これにはレッドスプリンターくんも涙が止まらないでしょう。コマンドの効果でクリムゾンを捨ててレッドスプリンターをサーチし、レッドスプリンターnsからクリムゾンを蘇生すればあっという間にスーパーノヴァに到着。個人の好みでなく、かなり真面目にレッドスプリンターの株が上がったと自分は思いましたね。

他にも「バトルフェーダー」や「アンクリボー」などの手札誘発モンスターもサーチ可能です。速攻魔法なのでセットして、相手ターンに必要な誘発札を選んで握るなんて事も。

コマンド発動にリゾネーターが必要なので、腐ってしまう可能性も幾らか含んではいますが、それを加味しても「リゾネーターの交換」「展開、誘発カードのサーチ」の2点から充分に強力なものだと自分は思いました。

f:id:Akumasinkan0914:20200308185344j:image

あとイラスト可愛くないすか?いきいきしたジャッくんモンスターズが描かれていて見てても楽しい1枚だと思いました。自分は出来れば1枚は指して起きたいですね………

 

────────────

スカーレッド・レイン

f:id:Akumasinkan0914:20200308190308j:image

このカードの②の効果は1ターンに一度しか発動出来ない 自分フィールドにレベル8以上のSモンスターが存在する場合に発動出来る フィールドのレベルが一番高いモンスター以外のモンスターを全て除外する。この効果で除外されなかったフィールドの表側表示モンスターはターン終了時まで自身以外のカード効果を受けない このカードが墓地に存在する状態で自分フィールドに闇属性ドラゴン族SモンスターがS召喚された場合に発動出来る このカードを手札に加える

────────────

同じくETERNITY CODEに収録。最上級Sモンスターの存在を条件に最高レベル以外のモンスターを全て除外して最高レベルモンスターにターン終了時まで耐性付与、闇属性ドラゴン族SモンスターのS召喚成功をトリガーに墓地から回収する自己サルベージ効果を併せ持つ1枚。

使用感ですが、「今まで渡されてきたレッドデーモンカードの中でも飛び抜けてイカれてる除去効果 スーパーノヴァと合わせて使えば基本返しきることは困難と考える」といった感想です。

バックに触れず、効果無効なども無いですが、対象を取らない全体除外除去です。星12モンスターを大量展開するデッキは現状存在しないのでスーパーノヴァ下でのレイン発動で被害を被らないデッキは無いと思います。ドラグーンオブレッドアイズも死にます(勇猛果敢)。

加えて発動ターン中最高レベルモンスターに完全耐性を付与する効果も恐ろしく強力。

f:id:Akumasinkan0914:20200308193743j:image

最高レベルモンスターに対して戦闘による回答を無理に要求させます。スーパーノヴァなら元々の戦闘での強さに加えて完全耐性追加となったならまさに難攻不落。突破はほぼ不可能ではないでしょうか?耐性付与の点だけを見て、相手の無効化カードにチェーンしてスーパーノヴァを生かす動きも出来ますね。さながらイーグルブースターのように。

②のサルベージ効果もあるので1度では終わらない効果も抜群の性能。効果を確認してから自分は他の妨害札を減らしてこいつを「トラップトリック」なんかで持ってくるのも全然アリではないかなとも思いました。まああくまで先行でスーパーノヴァ+レインorトラトリを構えられたらの話です。罠なので後攻では撃てないですからね、1人の意見として考えて頂ければなと思います。

 

 

〜新規は待ってたけど〜

ジャッくん本人が遊星クロウのように固まったテーマを持っていなかった点もあり、長いことOCGオリジナル強化を待ってましたが、いよいよ来てくれて嬉しい限りです。

考えてみれば新規を貰うタイミングが遅ければ遅いほど高品質な新規を渡されているように思えたので、新規を渡されたタイミングとしてはもしかしたら悪くなかったのかもなとも実は少し思ってたりもしてるんですよね。

個人的に「高レベル単騎エース」に特化した強化をしてくれたのは嬉しかったですね〜!

f:id:Akumasinkan0914:20200308195422j:imagef:id:Akumasinkan0914:20200308195456j:image

 

 

〜以前との変化〜

終着点の制圧手段の変化

まあ簡単に言うと「アビスとスーパーノヴァの制圧性能の違い」です。悪くいうつもりは全くありませんが以前のアビスは効果無効による制圧のみでした。相手の展開を見極めて一番大切なタイミングで無効を飛ばしてコントロールする、そんなデッキでした。しかし当初から見えてる無効札1枚は案外普通に乗り越えられていて、3200という攻撃力も存外安易に越えられてしまうようになり、加えて本人に特に耐性は無いので、やはり追加で何かサポートを求めてしまうデッキでした。

今日のスーパーノヴァは効果無効を無くした代わりに、ポピュラーな効果破壊耐性と強靭な攻撃力と2パターンのトリガーでの全体除外での制圧です。本人の耐性と戦闘能力の強化と加えて展開のしやすさによって安定性の強化と盤面干渉範囲の増強を見込めます。効果無効の方が強いなど異論もある可能性がありますが、自分はスーパーノヴァ本人の制圧性能はアビスよりも高くなったと思いますね。

使用するEXデッキのカードの変化

いざ回して対人してみるとスーパーノヴァの依存率が尋常じゃなかった感想を持ちました。言い換えると「アビスどころかスカーライトも出ない対戦がままある」という具合に。ちなみに自分のはもうEXからベリアルくんが姿を消しました… なんというか、変遷とは必ず起こりうるものとはいうものの、いざ実際にこうなるとホントに驚きますね… 

それほどスーパーノヴァが信頼に足るモンスターだということでしょう。見かけ以上に出しやすいのもありますし、多分今後暫くはこぞってスーパーノヴァ使っていくと思います。EXももう少し練っても良さそうです。割り切ってスーパーノヴァに特化して空いた枠にヴァレル関連のゲームエンドカード積んだりして勝つなどしてもいいかも?まあのんびりと色々いじっていきたいですね。

 

 

〜絶対考えなきゃいかん事〜

それは間違いなくこの点。

「クリムゾンリゾネーターの登場で非チューナーのレベル4モンスターで比較的自由にアドバンテージを稼げるようになった」

オイラ個人の意見としてはここに尽きると思います。上のクリムゾンリゾネーターの所でも少し話したと思うんですが、以前はアドバンテージを稼いでいたとは思えません。黒き森のウィッチも終末の騎士もアビスへの潤滑油でしたので、正確にはアドバンテージとは言いづらかったんですよ。

────────────

①クリムゾンリゾネーターを自身の効果で特殊召喚し、続けてレベル4モンスターを召喚。

②2体でレッドライジングドラゴンをシンクロ召喚してクリムゾンリゾネーターを蘇生。

③クリムゾンリゾネーターの効果でデッキか手札からリゾネーターを合計レベル4になるように展開してスーパーノヴァシンクロ召喚

────────────

クリムゾンでスーパーノヴァまで完結しているなら、水色のタイミングで何か出来ると思いませんか?ここを選べるのが今までとの大きな差だと思います。レベル4で召喚時にサーチや除去をかませるモンスターは沢山いますから。なんでいい機会なんで足らない頭で探し出したレベル4をつらつらと下に集めてみました。賢い人ならもっといいものが見つかるのかと思いますがその時は教えてください^^

 

・妖精伝姫ーカグヤ

同名サーチで後続の確保

○単騎で妨害札になる 誘発ケア

多分一番採用が丸い星4じゃないですかね?

トリックスター・キャンディナ

ライトステージ経由で後続の確保

ライトステージ→キャンディナのサイクルまでは分かるんだけど頭が悪いからキャロベインピン指しが分からないですね…

・ドラゴンメイド・チェイム

お心づくし経由で後続の確保

めっちゃわかりやすいですね 

・閃刀姫ーロゼ

○スカーライト等の対EX攻撃後の追撃及び防壁重ねて及びバーンダメージ要員

これはご先輩兄貴のかつてのご提案の1つ ダメージソースになれるのはいいかも エンゲージとかの恩恵受けるために閃刀要素多少積むのも手段としてはアリかも

・黒き森のウィッチ

種類問わぬ様々な後続の確保

○手札誘発組をサーチ出来る

以前から使っていましたが今後も非常に有用な非チューナー枠だと思います

・六花精プリム

○レベル変動でスカーライトの択も取れる

スカーライトや琰魔竜で焼ける盤面を見えてて増G踏みに行かなければならないタイミングでライジングを通るよりドローさせる回数を2枚抑えられるので有用な場合もあるかも ちゃんとスーパーノヴァにもなれるのが星向鳥との格の違いですね

・占い魔女 スィーちゃん

○自力特殊召喚有り※ドロー時のみ

○次の自分スタンバイまで盤面1枚を剥せる

カーリーのカード

サイバースシンクロン付きのクアンタム等のどうしても殴って勝てない相手に対してスーパーノヴァを投げたい時や単騎を退かして直接顔に行きたい時など有用? クリムゾンSSからレッドNSの動きなら手札にきたスィーちゃんの効果も使えます

・怪鳥グライフ

○方法問わず召喚時魔法罠1枚破壊

マクロコスモスやらサブテラーの決戦やら割れたらラッキーですかね 目に見えるアド 流石に

・終末の騎士

デストルドーを落とせばドラグーンになれる

ドロドロゴンと一緒にね… もし浮幽さくらで相手を警戒しつつ自分もEX枠を無駄にしたくないなら悪くないですね 制限カードなので信用なりませんけども 無難にワイルドワインドでリゾネーターとかウヴァループサーチに繋げてルート確保したり意識高い系ジャックならスカーレッドファミリアなんかも?

 

遊戯知識が弱いのでこんなんしか思いつきませんが、普通に考えてレベル4通常召喚時にサーチやら盤面干渉するカードなら外部テーマに沢山あるはずなんでそこから良さげなのを選んで下さい。まあでも総じて隙なく腐るカードも発生しない妖精伝姫ーカグヤが今は一番賢い選択かなと思いますね。

今後も星4の癖のないモンスターが出る度に確認していきたいと思います。

 

 

〜ちなみに〜

わあわあ適当なこと言ってる私なんですけども、レッドデーモン握って4年半経つ今もガバに溢れた自分のデッキはこんな感じです。

f:id:Akumasinkan0914:20200308221926j:image

フリー寄りなんで玄人の方達的にはあまり力にならないかもしれませんが、自分なりの構築での特徴をまとめると下のような感じです。

・ハリファイバー メイデン ライザー クリスタルは一連の流れ 例のハリファイバーを攻め手にするアレの流用 今でも次ターン以降の潤滑油を作れるからそのまま採用 先行レリゾ+ウィッチでの個人的最適解

・クリムゾン発動後のリゾネーターエンジン クリムゾンの展開したリゾネーター2枚を戻しながらレッドスプリンターを持ってくる動きが強いから試している所

・居ないうららと薄めな妨害罠の数 現状スーパーノヴァの制圧力を見ながら調整中 今度さっき言ってたトラップトリックとレインガン積み試して見るつもり あとうらら打ち所さん!?が分からない マヌケだね

 

こんな所でしょうか。

レッドミラー積んでスプリンターつまみ上げようとしてるのになんでスーパーノヴァ2枚なんだこのアホは」とか「あんだけ言ってたスィーちゃんとかカグヤはどうしたんだ」とか「お前どうせまだドラグーン買ってないからドロゴンの動き採用してないんだろ」とかこのブログ書きながら見直してて色々ガバに気付いて狂い悶えている私ですが、これでも以前より相当やれるようになったと友人からもご評価頂きました。これからも呑気に調整入れながらやっていきたいなんて思っております。

 

 

〜色々話したけど〜

f:id:Akumasinkan0914:20200308214541j:image

強いカード貰えて嬉し〜〜〜!!!

対戦してて以前より派手にやれるようになった実感もありますし、何よりこのタイトル通り以前とは桁違いの圧力を手に入れることが出来てようやく昨今の中堅デッキを食うぐらいに上がってこれたかなという感想です。

リアルの自分にいくらか余裕出てきたので、ブログの更新の他、公式の大会に参加するタイミングももしかしたらあるかもしれません。その時もしこのブログに目を通して頂いた方の中で情けないレッドデーモン使いと遭遇した時は優しい目で見てやってください。

長文書くの久しぶりで至らぬ点もあったと思いますが、もしご覧になられて下さった皆様は長文失礼致しました。そしてありがとうございます。1人の小物遊戯王プレイヤーの生産性の無い使用感を聞いていただいてね。

またご機会あれば、次のブログでお会いしましょう。ありがとうございました!

 

 

 

《追記》

デッキ写真右下に北斎ちゃん居ましたよね?

英霊華像と第2再臨の。

葛飾北斎推しの厄介オタクなんでSEGAに2.5kぶち込んで召喚してきました(致命傷)。レッドデーモンデッキの合計金額より高いってどないなってまんねんって感じでした。推しに貢ぐってのはこういう気分なんだなあと噛みしめてきました。

勿論、血の味がしました^^(絶命)

f:id:Akumasinkan0914:20200308233807j:image

 

《遊戯王》"スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン"爆誕!! その壮絶な力で敵を穿て!!

f:id:Akumasinkan0914:20191215013513j:image

悪魔神官です。

おブログ触るのは久しぶりですね…

あまり書くことがなかったと言うか、た書きたい内容(制限改訂や興味深い新規など)が話題に挙げられても時間がなく、書き終える頃には既に風化していたりと色々ありましてですね。気付いたら最後のカキコは5月ということになっておりました。

今回の件を聞いては流石に黙ってはいられんので、重い腰を上げて書き始めた訳です。

 

 

〜ジャックの新エース!〜

f:id:Akumasinkan0914:20191215085007j:image

https://yu-gi-oh.jp/index.php?page=details&id=703

2019年12月12日に上記URLの遊戯王.jpにて他5枚の新規と6枚の再録カードと共に公開された新規モンスターです。

「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン」

レベル、名前、容姿共にリメイク元のスカーレッドノヴァドラゴンとよく似ていますね。攻撃力は元のノヴァに500加算した数値であり、ノヴァを意識していることを感じられます。

 

Twitterの決闘者は大興奮〜

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このスカーレッドスーパーノヴァドラゴンの発表当日に「スーパーノヴァ」「チューナー3体」といった彼に関係している単語がTwitterのトレンドに入り込むという出来事がありました。

f:id:Akumasinkan0914:20191215084117j:image

やっぱ好きなんすね〜^^

この待望の新規の発表に、作中でキング「ジャック・アトラス」の声優を務める声優星野貴紀さん遊戯王.jpの当該ツイートを引用リツイートし、新規の発表に喜びを見せていました。

それに留まらずライジングの時よろしく、星野さん自信でスーパーノヴァの召喚口上を制作しツイートする様子も見られました。貴方が口上作るともうそれ公式なるんでリンクス登場時にはよろしくお願いしますね!

 

 

〜リンクスじゃ出ねえよハゲ〜

何言ってんだこのハゲ言ってる人は大正解です。リンクスでは出せません。絶対とは言いませんが少なくとも正規召喚は出来ません。なので早速そのカードの性能を見ていきましょう。

 

《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》

星12 闇属性 ドラゴン族シンクロモンスター

チューナー3体+チューナー以外のSモンスター1体以上

このカードはS召喚のみでEXデッキから特殊召喚できる。

①このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。

②フィールドのこのカードは相手の効果で破壊されない。

③1ターンに1度、相手のモンスター効果の発動時及び攻撃宣言時に発動出来る。このカードと相手フィールドの全てのカードをゲームから除外する。

④③の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズ時に発動する。自身を特殊召喚する。

 

f:id:Akumasinkan0914:20191215085839p:image

んだよ……クソ強いじゃん……(解説しろ)

 

・レベル12シンクロ!

f:id:Akumasinkan0914:20191215090718j:image

マックスもビックリのレベル12シンクロ。今となってはその数も増やしてマックスほどは驚かないものの、それでもシンクロの最終地点みたいなものですし、インパクトも相応でしょう。

 

・要求チューナーモンスター3体!

f:id:Akumasinkan0914:20191215092031j:image

リンクスで正規召喚出来ない理由です。それにしても…超えてきましたね。さしずめトリプルチューニングと言ったところでしょうか?数も多いので専用構築を求められるでしょうが果たして?非チューナー枠もシンクロモンスターを要求してますし総じて難易度は高いです。召喚ルートなどは後ほど考えていきます。

 

・破壊耐性と攻撃力上昇は元譲り

f:id:Akumasinkan0914:20191215092328j:image

相手効果による破壊の耐性と墓地チューナー×500の強化はスカーレッドノヴァドラゴンと変わりないですね。昨今では破壊以外の除去も増えているんで一概に安心とは言えませんが、まあそれでも対処に困ることは間違い無いはずなので信じましょう。

 

・相手の攻撃宣言時かモンスター効果発動時に相手の盤面を全て除外する!&帰ってくる!

f:id:Akumasinkan0914:20191215092848j:image

どえらい効果貰いましたね!

破壊じゃないですよ?除外です!どんなに進んだ世界でも除外耐性というものは殆ど無いので、立っていれば効果発動や攻撃宣言の牽制になりますね。相手の盤面を全除外して、自分は次の自分エンドフェイズに帰ってくる。コストに見合った暴れ除去能力と考えられます。

「アビス」同様に先行でぶっ立てたい性能なので積極的に召喚を狙いたいですね。

 

 

〜テキスト外で感じること〜

強え…

同じ12のスカーレッドノヴァドラゴンも非常に強力なモンスターではあるのですが、やはり要求素材の関係上恐ろしく強く見えますね。ようやく機皇帝に吸われないスカーレッドノヴァが誕生した気分にあります。先述のように先行で立てる意義のある大型モンスターです。いつぞやの先行クェーサーと似たものを感じますね…

・やはり無敵ではない

一見無敵の戦艦のようにも見えるのですが、スカーレッドノヴァを知ってるからこそ見えてくる弱点もあります。除外起動はモンスター効果か攻撃宣言であり且つ耐性は破壊のみなので、魔法罠による除外バウンス効果無効なんかで充分対応されます。ウィドウアンカーや大捕物や無限泡影辺りのカードに注意です。加えて往年のライバル「クリスタルウィング」にはやはり戦闘で勝てません。しょうがないね…。

でも良い部分もやはり増えました。スカノヴァからそうでしたが「ライトニング」にはとりあえず負けません。攻撃回避に以前は対象を取っていた為に攻撃を止められなかったヴァレルロードや2発目は顔で受けなければならないヴァレルソードなど、主流な突破力である「ヴァレル」系統にも勝てるようになっています。当然アストラムやニンギルスなんかにもしっかり構えられるので、前向きに考えましょう。

・蘇生は出来る

召喚制限はEXからのみのS召喚ですので、スカノヴァよろしくスパノヴァも墓地からの蘇生が出来ます。他の効果発動にS召喚したこのカードは…といった文言も書いていないので、リビデやらで蘇生して除外出来れば完全蘇生が可能なのです。蘇生札の採用も検討出来るかもしれませんね。

・帰還が次の自分のエンドフェイズ

この部分は使用者側はしっかり把握する必要があると考えます。相手のターンに③の効果で除去をした場合、次の自分ターンでは攻撃参加が出来ないという事は覚えておくべきだと思います。チラッと先述した先行クェーサー気分で手札全消費なんてして立てるのは危険な気がしますね…。このカードに限る事ではないですが大型モンスターはやはり、なるべく少ない手札消費で登壇出来るのが好ましいです。

逆に起動後は盤面に残らないというふうに考えればレッドスプリンターの召喚時効果を使用出来ると考える事も出来ます。EXモンスターゾーンも空きますので、それぞれ展開も出来るのですよ。起動後の動きは予め予測しておく必要はありそうです。

 

 

〜出してみよう!〜

さて、チューナー3体とシンクロモンスターを要求するスーパーノヴァくんですが、その破壊的な性能を出すにはS召喚する必要がありますよね。インチキ召喚を許さない制約を持っているので、1ターンで出すには普通に考えると1体の非チューナーと4体のチューナーをまとめて展開しなければならないですね。現代遊戯王の暴れ展開の顔たる「ドラゴンリンク」も、チューナーは呼べてもそれらをリンク素材やらに使用して盤面を広げるデッキである為、最終的に場にチューナーを3体並べなければ出せないスーパーノヴァを登場させるのには頭を悩ませることでしょう。

f:id:Akumasinkan0914:20191215103158j:image

巷では「ジャンクスピーダー」を利用して出そうとする輩が多いですね。しかしそれを見たキング星野貴紀さんは首を傾げておりました。

「やはりリゾネーターで出したい」と!

f:id:Akumasinkan0914:20191215102012j:image

「じゃあ俺が立たせてやるか!しょうがねえなあ!」

自称「レリゾの魔術師」(非公認)(世界が鼻で笑った)(自惚れも大概にせえよ)こと私がリゾネーター界の星「レッド・リゾネーター」を使用して、安定且つケアもだいぶ効く動きを一つ御教授したいと思います。

使用する手札は2枚です。流石に2枚で1ターンで立つのはジャンクスピーダーでないといけませんが、1ターン目を固めて返し、2ターン目で着実に登場させることはジャンクスピーダー抜きでも出来るので充分実用範囲内と考えます。

お気付き無い方へ説明しますが、今回の展開はあくまでも"レッドデーモンで戦うデッキ"での召喚方法の1つです。自分は聖刻でも1度考えましたが、聖刻も言ってみればドラゴンリンクみたいなものでして、上手いことまとまりませんでした。許容3枚ならいくらでも出せますが、今回の2枚でデッキに腐るカードを入れずにちゃんとルートが見えたのは良い事だと思いますよ。

 

・使用するカード

《手札》

・レッドリゾネーター

・黒き森のウィッチ

《デッキ内》

・シンクローンリゾネーター

・レベル1リゾネーター

・風来王ワイルドワインド

・幻想のミセラサウルス

・ジュラックアウロ

エクストラデッキ

・水晶機巧ーハリファイバー

・ガーデンローズメイデン

・シューティングライザードラゴン

・なんかレベル8のドラゴンSモンスター

※クリスタルみたいな単騎で強い奴が良い

・スカーレッドスーパーノヴァドラゴン

 

f:id:Akumasinkan0914:20191215121738j:image

実はこれ、今年7月頃Twitter上で上げた「ハリファイバーを攻め手に変えるための構築」を応用して出来たルートです。簡潔にまとめると「1ターン目にクリスタルやらで蓋をして、2ターン目にスーパーノヴァを降臨させる」動きです。

以前はクリスタル→タイラントまでを安定させる動きとして使われていましたが、少し考え直してみたら案外出せそうだったのでやってみた所存であります。採用してるカードもライジング軸の24レモンなら全く腐ることもありません。ミセラサウルスもレッドリゾネーターと一緒にアビスまで通せる相性の良さもあるので、どんどん採用していけますね。

賢い人ならもう予想ついてると思いますが、まあとりあえず展開の方を見ていって下さいね。

 

 

〜オラッ 場に出すぞ!〜

同色の〇は同チェーンの処理です。

ns 通常召喚 ss 特殊召喚

Ss シンクロ召喚 ls リンク召喚

 

〜自分ターン〜

○レッドリゾネーターns

○レッドリゾネーター効果

    黒き森のウィッチss

○レリゾ+ウィッチ

    ハリファイバーls

ハリファイバー効果

    シンクローンリゾネーターss

黒き森のウィッチ効果

    風来王ワイルドワインド サーチ

○風来王ワイルドワインド ss

○ワイルドワインド+シンクローン

    ガーデンローズメイデンSs

メイデン効果 黒庭サーチ(今回は不使用)

シンクローン効果 レリゾサルベージ

 

〜相手ターン〜

○ハリファイバー効果

    シューティングライザードラゴンSs

○シューティングライザー効果

    幻想のミセラサウルスを墓地へ

    自身のレベルを3に変更

○メイデン+ライザー 5+3

    クリスタルウィングシンクロドラゴンSs

 

〜自分ターン(2)〜

○ワイルドワインド墓地効果

    レベル1のリゾネーターサーチ※

○ミセラサウルス効果 自身のみ除外

    ジュラックアウロss

○レッドリゾネーターns

○レッドリゾネーター効果

    レベル1のリゾネーターss

クリスタルが処理されていたらメイデンの墓地効果発動 クリスタルを蘇生

○クリスタル+レリゾ+1リゾ+アウロ

    8+2+1+1=12

    スカーレッドスーパーノヴァドラゴンSs

 

 

ほら、簡単でしょう?

f:id:Akumasinkan0914:20191215165727j:image

簡単ではないですね。妨害を踏む可能性は勿論ありますし、そこはまあ他の札でなんとか切り抜けて下さいって感じです。

因みに※のレベル1リゾネーターをサーチする時に「チェーンリゾネーター」を持ってきたら、手札のレッドリゾネーターを温存しながらチェーンの効果でデッキからレッドリゾネーターを展開して、最低でも3000のライフゲインをしながらスーパーノヴァに繋げられますね。

手札に他の非チューナーが居て、レリゾを切りたくない場合の為にデッキにチェーンリゾネーターを差して置くのは悪くない判断だと思います。あまり余計なカードを詰めることなくこうして少ないコストで綺麗に通せるルートを見つけられて自分は満足ですよ!先行で置きたい方はもっと賢い人を頼って下さいね…。

・上のルート説明ちょっと見づらいから今度写真付けて見やすくしましょうかね?

 

 

〜俺は箱が買えねえ〜

レッドアイズマジシャンも居てジャック新規が確定してる箱を買うお金を何故キープしていなかったのでしょうか????

まさか某スマホゲームのアーケード版の可愛い女の子のクリスマス衣装に敗北して4~5k注ぎ込んだ〜なんて、言う訳ないですよねえ…?

 

 


f:id:Akumasinkan0914:20191215171949j:image

f:id:Akumasinkan0914:20191215171945j:image

えぇ……………………

オタクくんさあ……………………

いやはや、一時の衝動とは怖いものですよ。クエスト後の呼符とか聖晶粉召喚してないだけまだ救いがありますが、ジャックは穏やかな顔をしませんよ… マジシャンは確定高騰ですが、ジャンクスピーダーの売れ行きから、もしかしたらスーパーノヴァくんも大変な事になってしまうかもしれないですね… 怖い怖い…

f:id:Akumasinkan0914:20191215171724j:image

 

話は変わって、なんか「金のレアコレ」みたいなのも情報が一部公開されましたね!話によるとレッドデーモンアビスのコレクターズレアとシークレットレアが登場するそうですよ。

は?

はあ…勘弁して欲しいです…

ところでレッドデーモンアビスってドラゴンリンクがアガーペインで出してたんじゃないですか?禁止されたからもう使ってないんじゃないんですか?お世辞でもレッドデーモンデッキが流行っているとは考えられませんし、お値段落ち着いてるんじゃないんですか?1枚280円で買えたあの頃に戻って欲しいですね…

レアコレみたいな箱を買えないのは流石に辛いんで、そこは事前にお金を工面しておこうと思います。皆様もお忘れなく!予約ももしかしたら早く切られてしまうかも知れませんのでね!

 

オタクくんなので同人誌の話もしちゃお。

夏コミの話になるんですが、人生で初めて自分で新刊購入しましたよ。通販ですけど。訳あって全部成人指定でキモキモとキモリもドン引きの選択なんですが、ホント皆さん絵上手すぎませんかねえ?感想を漫画にして無理矢理押し付けたのですが、描いてる時が一番実力差を感じましたね。自分も絵を描くの好きなんで、いずれそういった界隈の"提供者"側に立ってみたいなとも思ってます。まあ、まだ先の話ですけどね〜(因みにアニメやポケモンサンデーキモリの鳴き方はキャモキャモです)。

pixivURL貼っとくんで見たい人はどうぞ〜

https://www.pixiv.net/artworks/78308278

 

今年も色々ありましたね。思い返せばなんとか楽しかったと締めくくれそうですね。来年はもっと絵が描きたいです。あと遊戯王も出来ればますます発展していきたいなと。大会とかももっと出場して、なんというかネット上の交流ももう少し盛んになりたいですかね〜。まあ不要な接触は避けますけども。

 

〜人生で会えた全てに感謝〜


f:id:Akumasinkan0914:20191215201840j:image

f:id:Akumasinkan0914:20191215201954j:image

今年も割と普通に接して下さったTwitter民の皆様やリアルの皆様、本当にありがとうございました!雑な接し方で非常に安心出来ました。来年はブログももう少し頻繁に更新出来るように心がけます。それでは皆様、残りの数十日の2019年を悔いなく過ごしましょう!